MENU

クロモリダウンチューブKit

STDのダウンチューブを酷使し続け、ダウンチューブの曲がりの部分に、ほぼ変形はありませんがシワがよってしまった例です。 写真では判りにくいのですが、塗装に横すじが無数に発生し一部塗装が剥離しています。 事故や大きな転倒の場合、アルミでは簡単に曲がってしまうために、STDのダウンチューブに交換するのでさえ困難なほどに曲がった上、その歪みのまま保持されるため正常なメインフレームを反らせてしまうこともあります。

© 2017 秋葉モーターサイクル xloop.co.jp