MENU

サスペンションのオーバーホール

サスペンションのオーバーホールで軽快な走りを呼び戻そう!

オイルが漏れてきたからオーバーホール!?
 それでも良いけれど。。。そうなってからでは交換部品も増えてしまい、更に余計な出費がかさみます。だからそうなる前にオーバーホールを心がけましょう!
目安としては、一般的な使用頻度で1~2年に一度がやり時です。
 フロントフォークもリアショックも、当然へたるし乗り心地も悪くなります。へたったサスでは、乗り心地・タイヤライフ・燃費…どれを取っても悪いことばかりです。
毎日乗っているとなかなか気が付きませんが、実は音速で劣化していくのです。
 当店ではフロントフォークはもちろん、リアショックのオーバーホールも行っております。特に純正のリアショックは本来非分解の物が多いですが、最近のサスペンションはそれなりにできてしまいます!
(旧年式の車種や小排気量車は生産コストの兼ね合い等で簡素化され、OH不可能な製品があります。OH出来るかどうかはお問い合わせください)

フロントフォークオーバーホール標準工賃
※価格にはオイルシールやオイルなどの一般部品が含まれています。

ピストンバルブ(正立)16,200円~
倒立21,600円~
カートリッジ5,400円追加
オーリンズ正立/倒立54,000円~

※別途脱着工賃がかかります。
※標準外部品の使用の場合は実費を頂きます。
※インナーチューブに錆のある場合はこの限りではありません。

リアショックオーバーホール標準工賃
※価格にはオイルシールやオイルなどの一般部品が含まれています。

純正モノショック21,600円~
 ツインショック27,000円~
Racing(オーリンズ) モノショック21,600円~
ツインショック32,400円~

※別途脱着工賃がかかります。
※標準外部品の使用の場合は実費を頂きます。
※インナーチューブに錆のある場合はこの限りではありません。

オーリンズをはじめ、社外サスペンションのオーバーホールも当店で作業できるものがあります。お問い合わせください。
オーリンズのページはこちら

サスペンションのチューニングも承ります!

もちろんそのまま組んでも良いのですが。。。
こんなメニューもご用意しております。
サスペンションのバルブシムの変更によるダンピングの変更から、インナーチューブやメインシャフトのハードコート(チタンコート)による摺動抵抗の軽減、表面硬度アップもご希望により承ります。
STDサスペンションのグレードアップはもちろん、リプレイスサスペンションの最適化が可能です。ワンランク上の走行安定性、ワンランク上の走りへと導きます!

サスペンションチューニング標準価格
フロントフォーク

バルブチューニング(OH作業込み)54,000円~/1台分
ハードコート(チタンコート)32,400円~/1本
再めっき(下地クロムめっき)21,600円~/1本

※バルブチューニングはフォークの仕様によりできないことがあります。
※倒立フォークのコーティングやめっきの場合、別途インナーチューブとボトムケースの脱着工賃が掛かります。21,600円(2本分)
※カートリッジでないフォークの場合、別途スライドピースの分解脱着工賃がかかります。10,800円(2本分)

リアショック

ハードコート(チタンコート)19,440円~
再めっき(下地クロムめっき)10,800円~

※価格は1本当たりのものです。ツインショックの場合は倍になります。

© 2017 秋葉モーターサイクル xloop.co.jp