よくあるご質問

FAQ

計測について

MEASUREMENT

  • 現在のお客様のバイクのディメンション(アライメント)が測定できます。
    これによりスイングアーム・フォークと言った部分的な捩れをはじめ、車体全体の捩れやキャスター・トレール・ホイールベースなど様々な基本寸法が解ります。またチェーンラインや、前後タイヤのセンターのズレ(オフセット)の計測もできます。

シャシチューニング

TUNING

  • 足回りを改造するにあたり、ご自身の希望やイメージをしっかり持っていただくことが一番重要です。その上でG.M.D.COMPUTRACKを利用して、理想と現実をよく考え、バランスのとれた部品の選定が可能になります。
    例えばリアホイールやスイングアームを変更する際に、一緒にチェーンラインも修正するなどの同時進行項目も一度に分かり易く考慮することも可能です。そして更に先を考え、もっと安全で楽しく乗るための設計を取り入れることで、その数値を元に取り付ける部品を選定したり、製作することも可能です。

事故・転倒

ACCIDENT

  • 事故や大きな転倒の際に、フレームが歪んでいないか?今後もこのバイクに乗っても大丈夫か?この判断はとても重要だと思いますし、それ以降のバイクとライダーのつき合い方まで変わってくる内容だと思います。もちろんそのような事の確認のための計測でもOKです。
    そして保険事故の場合、一般的な保険会社では計測のために掛かる費用を負担(※)していただけますのでご安心ください。また他のバイクショップさん(※)に修理をご依頼されているお客様で、計測のみ当店を利用されたい場合はそのバイク屋さんに相談してみてください。もちろん計測だけでもご依頼も承っております。(一部できない場合もございます)
    G.M.D.COMPUTRACKの計測により、歪みの状況判断や修正の可否、その後のフレーム修正作業まで当店で一貫した作業が可能です。
    ※保険会社やそのバイクショップさんの見解もあるので、詳しくは保険会社や担当のバイクショップさんへお問い合わせください。

フレーム修正

FLAME

  • 単純にフレーム修正と言っても色々とありますが、当店では事故などが原因で修正する場合に『修正して乗り続けても大丈夫と判断されるもの』は修正を、今後乗り続けることで安全上問題のあるレベルに達している場合は交換をおすすめいたします。
    ですので「それでもいいから修正してくれ!」とご依頼されない限り危険な状況での作業はいたしません。(ただし定期的な点検は必要です)また事故などではなく、チューニングとしての作業の場合はこの限りではありません。